プロフィール

Author:ちゃびん
2008年10月にアスペルガーと診断され、納得の人生が始まった・・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


宮崎行き




写真はソラシドエアの機体入口のイラスト。
行きはくまモンジェットだったよ。

恩師が癌との年賀状をもらい2月にやっと宮崎にお見舞いに行った。
何とか10分弱お話しをさせていただき、長い不義理と先生の願いを裏切る生き方をしてきたこと(専業主婦として20年以上生きたこと)を詫び、学科を越えて引き受けていただき無事卒業できたことで今の私があるとお礼を伝えて来た。
長年の胸のツカエが少し取れた。

宮崎では、かつて子ども連れで帰省した時に仲良くなった友人宅に泊めてもらい、ラ・ミゼラブルとオペラ座の怪人のミュージカルのDVD三昧。
きっかけはTVを持たない彼女が夜食後に「オンデマンドでニュース見る?それとも音楽?」ときいてくれたので、音楽、と答えて…そう言えば、彼女もご主人も随分理不尽な人生を生きてきた方だからレミゼラブルの「夢破れて」(歌詞は辛いが旋律が美しく力強くて好きなので)を一緒に聴きたいな、と考えていたら、何と彼女がレミゼラブルのDVDを手にしていたからびっくり仰天。
その話だけでまず盛上り、彼女がニューヨークで見て感激したキャストの解説を聞きながら盛上り。次は私が「オペラ座の怪人は最後が府に落ちなかったのよね~才能への理解がない若くてお金持ちと結婚するなんてステレオタイプだし、実はストーリーにがっかりだったの」と言うと、彼女が「続編(love Never Dies ラウ゛・ネバー・ダイズ)あるのよ、何故かヒットしなかったから、公演は今はやってないけどDVD持ってるよ。私はこれを見たから納得したわ~。歌もこっちがいいよ~」と言うので前編を見てお昼ご飯(近所のピザ屋さん、福祉作業所だがめっぽうお洒落)を食べて、後編を見て、空港まで送ってもらった。
そのピザ屋の帰り、かつて父がお世話になった先生が開業されている病院の前を通ったので、駄目元で寄り道。
診療中だったが、運よく入れてもらい、2~3分お目にかかることができた。
すると先生が「2~3日前に、夢にあなたと弟くんが出てきた」と。

で、前に会ったのは何時かなぁと聞かれ「父の還暦の時(25年前)でしょうか?まるでハレー彗星のようですね」なんてちょっと盛り上がり、再びミュージカルの世界に浸ったら、頭の中が歌でいっぱいいっぱいになり飛行機の中で歌いそうになるのを我慢するので苦しかった。
(飛行機出発が10分遅れときいて待ち合いでうっかり寝落ちし、緊急呼び出しをくらったほど眠かったはずなのに)全く眠れず。
音漏れしてなかったかしら。

人生においてホンマカイナ、という奇遇には、しばしば遭遇するものであるが、それにしても鳥肌の立つ宮崎の旅でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wildflowergallery.blog106.fc2.com/tb.php/887-e7eafeb2


Powered by FC2 Blog