FC2ブログ

プロフィール

ちゃびん

Author:ちゃびん
2008年10月にアスペルガーと診断され、納得の人生が始まった・・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム





夫お気に入りのTシャツ、クッションカバーにできないか?と頼まれて作ってみた。
どうよ!
工夫したところ。
首の後ろのネームタグも右下に縫込んだところと裾の縫い返しをそのまま利用した所。
切りまちがえそうで、最初が一番緊張したよ。約40分の作業でした。
上に映っているのは32年来の友、JUKIのミシンです。
(^o^)/
スポンサーサイト




ケーキの中ではミルフィーユがダントツで好き。
なのに、この頃あんまり見かけない。
運びにくいし食べにくいから人気がないのだろうか…と思っていたら、ここのカフェでは最初から横倒しで、ナイフも付いてくる。これなら大丈夫!と注文した。
このところ、右腕が痛くて整骨院で手当てしてもらったら、腕は治るし、3キロ痩せたしで良いことづくめ。
「停滞期がきますから」とは先生の弁。そっか、ウ○コが3キロ貯まっていたのか?
いや、油断して食べることあるから気を付けて、なのか?
いずれにしても、これを食べたらどこかで減らさないと大丈夫じゃないよね。(我が家では、ダイジョバ~ンと言ってる)

夫から勧められて、有楽町の角川ホールにて見て来ました。家族のドラマがとてもよくて、泣きました。
よかったら、見て下さい。https://eiga.com/movie/90858/

フランスに実在する建築物で、ひとりの郵便配達員の男が33年もの歳月をかけ、たった1人で完成させた手作りの宮殿「シュバルの理想宮」の実話を映画化したヒューマンドラマ。フランス南東部の自然豊かな田舎町。寡黙で空想好きの郵便配達員シュバルは、変わった形の石につまずいたことをきっかけに、愛娘アリスのために「おとぎの国の宮殿」を建てることを思いつく。さまざまな苦境に直面し、周囲の人々にバカにされながらも、来る日も来る日もたった1人で石を運んでは積み上げ続けるシュバル。そんな彼に、過酷な運命が容赦なく襲いかかる。「グレート デイズ! 夢に挑んだ父と子」の監督ニルス・タベルニエと主演ジャック・ガンブランが再タッグを組み、「ゲンズブールと女たち」のレティシア・カスタが主人公の妻役を演じる。ほぼ全編を通し、現存する理想宮で撮影を敢行した。

切符をなくす、Suicaを落とす、携帯を水没させる、財布を忘れる。
発達系にあるある。
そこで、私の工夫は、バッグに全部繋げてしまうこと。
(写真を携帯で撮るために、いつも携帯が繋がっているストラップにはデジカメを繋げた。水没は防げないけど)
但し、財布はこんがらがって使い勝手が悪くなったので、手帳と共に必ず真ん中のポケットに入れることにしている。
本当は財布も手帳もペンケースも繋げたい。
そしてバッグを変えないこと。
大抵、出掛けにバタバタするので、最低でもバッグを持って出ればOKにしてある。
前夜から余裕がある時には、服や靴と色のコーディネートをさせたバッグを選んで、完全に入れ換えておく。
マイルールでは「朝の入れ換えはしない」
そのせいで、毎日同じ服を着ることになっても、忘れものをしないことを優先させている。
先日TVで「mamorio」だったかの名前で60メートル以上離れたら携帯アラームが鳴るほか、探し物の位置情報が携帯に入るとか、便利サービスの紹介があったが、「そもそも、携帯(スマホ)を忘れたり落としたりした時にはどうしたらいいんかい!」とTVに突っ込んだのでした。
網棚に旅行の鞄を忘れたりする(出てこなくてショック)私。
家から出ていった子ども達の存在も忘れてしまうし。
目の前に見えていないとわからなくなるので、テーブル周りには、いつも道具は 出しっぱなしなのだ。
忘れ物、落とし物防止アルアルを当事者会で話をしたら盛り上がるだろうね。

ゾロ目も好き


今夜の回で上映終了と気付き、少し無理してやってきた映画館。森達也監督の「i-新聞記者」・・東京新聞の望月衣塑子記者のドキュメンタリー映画。
座席を見たらJ-12、あれあれ12が目にチラチラすると思ったら、今日は12/12!
しまった。昼の12:12に写メしたかったな。
今夜の夜中0時12分は、12/13だしね。
次男も子どもの頃ゾロ目好きで(今も?)、平成11年11月11日夜の11時11分に写真撮って、と言うので、少し前の時間に自分で目覚ましをかけて起きて来て撮った写真を夫が笑いながらアルバムに貼ってくれてる。
いいなぁ、ゾロ目。
私が思うに、ゾロ目好きと回文好きはかなり被っているかと。ちゃびんの法則3です。


予備のチューブわさびを使おうとして、冷蔵庫の棚から取ると箱の感触が「もわっ」と柔らかくなっていて、横を見るとレモン汁の瓶が倒れていて、さては、とよく見ると黄色い蓋がよく閉っていなかった。
(°д°;;)
超高級調味料でなくてよかった!
んなもんが、うちの冷蔵庫に入っとるんか~い!


若い人は見たこともきいたこともないかも。
郵便局からの送金手段の1つ。
今回は戸籍謄本が必要でサイトをみたら、まさかの「定額小為替送れ」だったのだ。
お金を送るとしたら面倒だけど受け取るほうは分かりやすい。
その場で他と照合することなしに、返送できる。
今回なんと手数料が100円!
昔は10円くらいだったような。
それでも現金書留や交通費よりは
安いので頼むことにした。
もらったのはお札と同じくらいの大きさの証書で「何も書かないで送って下さい」と郵便局の人から念を押された。
嗚呼、あれは42年前の冬。
大学入試の受験料も定額小為替だったが、私が自分の名前を書いて送ったものだから、日中高校に電話がかかってきて事務室に呼び出された。
「受取人の所にあなたの名前が書いてあって換金できません。もう一度、名前欄が白紙の小為替を送って下さい。今届いている小為替はあなたに送り返しますから郵便局で換金してください」とのこと。
電話を切ると聞き耳を立てていた事務の方から「親切な大学ですね。普通は丸ごと返送されてきて、再送が期限に間に合わなければ受験できないこともあるんですよ」と。
で、もう一度、定額小為替を組んで、郵送し、受験し、合格し、紆余曲折を経て卒業して今がある。
出身大学は、本当に親切な大学だったと改めて知るのは、今から7年前に放送大学に願書を送った時。友人から「卒業証明書(単位修得表だったかも)が必要だから早目に取っておくといいよ」ときいていたから、早目に取っておいた。締切1週間前になって、余裕で願書を清書しようとしたら、何と!
放送大学の入学申請書に、大学の卒業証明書を貼り付けた上に大学の割印が必要だったのだ。
聞いてないよ~。だって大学からの封筒には、割印で封がしてあり「開封厳禁」と朱書してあるではないの!
私は混乱したが、まず放送大学に電話して開封がして申請書に貼り付けるよう言われた。
次に、出身大学事務に電話して「開封して割印が必要なのを期限1週間前に知った。このまま週末を挟むと間に合わなくなるので、郵送料&速達料切手を貼り付けた封筒を入れてそちらに送るので、大学から直接放送大学に送ってはもらえないだろうか?」と駄目元で頼みこんでみたら、自分宛に送って下さい、と言ってくださったので、無事に入学許可書を手にすることができた
(^o^)/
今改めて思い出しても、私の間際っプリは恥ずかしいが、このような親切な方に助けられて道を切り開いて来たんだね。
それにしても、うちの大学の方は超・親切。県民性なのかしらん。
ちなみにそこは宮崎県です。

栗のテリーヌ


美しい包装紙、テリーヌとあったが、開けてみたら栗がゴロゴロ入った美味しいブランデーケーキだった。

私も、参加します~。

昨日のブログで触れたライフオーガナイザーの方のお話は1/17の午後の2部です。
2部だけでの参加もありです。
交流会では、自己紹介のあと、自分が気になっていることをしゃべったり、質問したりで、その時々のテーマでしゃべります。

【2019年12月活動予定】
〇2019.12.6(金)1部(交流会) 10:00-12:50 定員15名
 ♪12時でいったん中締め、その後ランチをしながらおしゃべりします。
  ※コンビニ等が離れています。できるだけご持参願います。

〇2019.12.6(金)2部(1年のまとめの交流会) 13:00-15:00 定員15名
※今年やらかしてしまったこと、うまくいったこと、困りごとをこうして乗り越えた!など、皆さんの今年のニュース発表や、今年出会ったおすすめ本・映画の紹介などを予定。ゲームなど交えながら楽しく今年の交流会を締めくくりましょう。
--------------------------------------------------------------------
【2020年1月活動予定】
〇2020.1.17(金)1部(交流会) 10:00-12:50 定員15名
 ♪12時でいったん中締め、その後ランチをしながらおしゃべりします。
  ※コンビニ等が離れています。できるだけご持参願います。

〇2020.1.17(金)2部(講演会) 13:20-15:20 定員30名
※「お片付け講座」~片付けたくても片付けられない人にむけて~
--------------------------------------------------------------------
【2020年2月活動予定=お休み】
2月は確定申告の関係?で会場がとれず、お休みします
--------------------------------------------------------------------
〇場所:浦安文化会館3F 第1練習室(12/6)、第1会議室(1/17)
    (千葉県浦安市猫実一丁目1番2)
     *JR新浦安駅から徒歩20分またはバス約10分
     *東京メトロ浦安駅から徒歩25分またはバス約10分

〇資料代: 12/6は1部、2部それぞれ300円(両方参加の方は、合わせて400円)
      1/17は1部、2部それぞれ300円いただきます。

※ここで話されたことは、外に持ち出さないようお願いします。
※相談機関ではないことをご理解の上、参加お願いします。


〇申込・問合せはメールでお願いします!!
⇒メール: asupe.db@gmail.com
件名: 〇月〇日「だんだん」申込
本文:①お名前 ②ハンドルネーム ③ 電話番号④(「1部のみ」「2部のみ」「両方」いずれか)
上記のように件名、本文をご記入願います。 

Powered by FC2 Blog