FC2ブログ

プロフィール

ちゃびん

Author:ちゃびん
2008年10月にアスペルガーと診断され、納得の人生が始まった・・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ある時までは、厳しいくらいに「蒔いた種は刈り取れ」とやっていた私だったが、次第に刈り取れる子どもになっていったので、少しずつ緩くしていった。

話は突然、長男29才の春に飛ぶが、うつ病で休職して半年たった4月ごろ「今年、1級建築士の試験を受けてみようかと思う」と電話で言ってきた時、私には、2つの気持ちがあった。
「休職中に職場の人はあなたの分の仕事をして忙しい訳だよね。それで、休んでるあんたが、試験に通ったら、どう思われる?」
もう一つは「そんな状態で勉強したら、また、うつ病が悪なるでしょ、やめときなさい」

でも、私は、その2つは言わなかった。代わりに考えたのは「彼が伸びていきたい方向に私はこれまで応援してきた。今回もそうしよう。彼は自分でやったことの結果をこれまでも引き受けてきたし、今回も引き受けられる」と。
で、「やれるところまで、やってごらん。コンを詰めすぎないように、体のことだけ、心配してるよ」と伝えました。

これが、私の「蒔いた種は刈り取れるからやってごらん」です。

その後、1次試験、2次試験を無事合格して、1級建築士をとり、その間、前の職場を辞めて、建築士の勉強のために通っていた予備校の講師として働き、さらにそこからの紹介で総合高校・工業コースの実習助手の働き口を紹介され、高校の先生とし手フルタイムで働き始めました。

まだ、うつ病は回復途中ですが、この1年何とか、働き続けることができました。これが、14才、22才、28才と3回のうつ病になりながらも、何とか生きている長男の話です。
スポンサーサイト



私は、幼少期の子どもたちに、厳しかったかもしれない。
「蒔いた種は刈り取れ!」とばかりに。

長男は、降っても照っても、傘を持って出かけるこだわりがあった。晴れたときの傘って本当に邪魔でしょうがないし、おまけに忘れっぽいし。
長男が2才半くらいの夏祭り、晴れているのに、傘を持って出るというので夫が置いて行きなさいと説得したけど、がんとして持って行くという。
「最後まで持っているのよ」と約束して出た。かき氷を食べようとして,案の定、邪魔になったので、どうするかな、と見ていたら、夫が「お父さんが持ってあげる」と救いの手を差し伸べたので「ちょっと待った!」。夫に向かって「だめでしょ、最後まで自分で持つように言ったんだから」と、遮って、子どもに持たせた。で、傘を持ってかき氷を食べ始めたら、バチャっと落とし大声を上げて泣いた。今度も夫が「あ~、おちちゃったね、もう1コ買ってあげるから」と救いの手を差し伸べたが、「ちょっと待った!」と私は夫をとどめ、かき氷の土より少し上からすくい上げて「ほら、これを食べるのよ!」と差し出した。長男は、泣き止んで半分以下になったかき氷を黙って食べた。そして、それ以降、晴れた時には傘を持って出ることはなくなったのだ。

今度の話は、長男が小学校2年生くらい。ジャンバーを電車に置き忘れたのだが、なんと、終点の駅で保管してるというが1時間半もかかる駅。「見つかったよ」「なら、僕が学校に行ってる間に取りに行ってきて」というので、「何言ってんの、あんたが忘れたんだから、あんたが取りに行くのよ。遠いからお母さんも一緒に行ってあげるけど、今日は友達とは約束せずに帰ってきなさい」と厳しく言い渡し、取りに行った。学校から帰ってくると、リュックに、水筒、おやつ、トランプ、あやとりなどなど、入れて、弟と3人で延々電車にのり、終着駅でジャンパーを受け取り、また、延々と、しりとりをしながら、帰ってきたのでした。その後も、忘れ物をしたように思うけど、前ほど、電車には忘れなくなったように思います。

先日、電車のエピソードを家で話していたら、次男が「あ~、あの遠足みたいなの、すぐに引き返して、なんだか変だと思った。」と初めて納得したようにいったので、その時に説明したつもりだったけど、ごめんね、って思いました。

これが、私流の「蒔いた種は刈り取れ」の強烈なエピソードです。


学長先生のお話

学長の来生新(きすぎ しん)先生のお話でよかったところを書きます。(再放送をききながら)

まず、オポチュニティー・コストを考えなさい、と。
経済用語だそうです。初めてききました。人がある一つの選択をしたときに、犠牲にした他の選択枝のもたらした結果を考えること。
もし、放送大学で学ばなかったら、その時間は何をしていたか。

私たちの持ち時間の有限性を考えて生きてほしい。

すべての知識の陳腐化を考えてみよう。医学の知識に限って言えば、’50年代には知識が倍増するのに50年かかっていたので、仕事をしている間に、少し更新をすればよかった。それが’80年代には7年になり、2020年には73日間と短くなってしまった。つまり、知識は、すぐに古くなってしまう時代に生きていいることを覚えておいて欲しい。

校長先生のお話や学長先生のお話をこれまで、幾度ときいたが、私が覚えているのは中学校の梅沢校長先生の離任時このことば。
「人は才能がある、とかないとか、判断するが、私が長く生きて思うのは、才能には殆ど差がない。あるとすれば、努力する才能があるかないか、それにつきます。」

梅沢先生、私は、努力を続けてきましたよ~

6年かかって秋に卒業しました。
今日は全体の卒業式です。
好きなことを勉強するのは楽しかったです。
学長先生のお話と最後の第九合唱に感動しました。

これから心理カウンセラーとして仕事を始めますが、勉強したことは自信になりました。
でも、これからも場所を変えて学び続けたいと思っています

ピザトーストを作る時にタバスコをかけるのだが、振っても振ってもなかなか出なくて、イライラした。
後から見たら、振った右腕がタバスコだらけ??
左腕にかかっているなら、方向音痴ということだけど、振ってる右腕に何故かかる?

私が、力いっぱい、猛スピードで振る余り、落ちかけていたタバスコの滴りの中に右腕を突っ込んでいたわけ?
そうでなくては、振ってもタバスコが落ちていかない&右腕にタバスコがついてる、は説明できない。
シャーロック小夜子よ、出番ぜよ!

冷凍ネギ


チャック付き袋のチャックを開けたとたん、弾けるように落ちた。
以前は落とした事にも気付かず(作る事に熱中してるから)、踏んで、蹴散らかして、夫からよく叱られていたが、今は落とした事がわかるようになったので進歩。
ただ、他の何かが抜け落ちている可能性があるので怖い。
私の注意能力はどうやら「押し出し式」になっているらしいので。m(_ _)m



きんもくせい公園を借景にした素敵なテラスレストランを見つけたので4日間の研修のご褒美に1人でランチした。
混んでいたがテラスならすぐに座れて、まず5分後にカフェオレが来て、パンとサラダがその10分後。
「メインは少々お待ち下さい」と言った後、10分たっても出て来ない。
店の中の定員さんに手を振って合図すること3分ほど。
やっとメインディッシュが出てきたよ。
店に入って28分経ってた。
「さては忘れていたでしょう?」
と嫌味を言いそうになったが飲み込んだ。
後15分で戻らないと…と焦りつつ、私はどうすればよかったのか?と考え続けた。
お待ち下さいと言われて待っていた私はハチ公みたい?
少々お待ち下さいと言われたら「後何分待てばいいですか?12時55分には出ないといけないの」と訊ねればよかったのかしら?
優雅なランチの筈が、少し残念な結果になったがテラス席に座れてラッキーだったよ~
(^o^)/
私は外で食べるのが好きだ。

手が滑って


ケンチン汁を作ろうとして,にんべんの汁の素を落とした。
蓋を開けたままのペットボトルが床に転がったので、さすがに拾ったが、ドクドクと流れ出る寸前だったよ。



カウンセリング講習を受けに来て、昼休みに気になる公園を見つけた。
すぐそばを山の手線が走っているのでデッキに駅の名前がさりげなく彫ってある。
全部でもなくて。
きんもくせいの季節にまた遊びに来たい
(^o^)/

ビフォーアフター



小野りささんのボサノバをききながら…約3時間の片付け。
年末以来か?
この前のビフォーアフター以来かも。
また1週間もしないうちにビフォーになるのはわかっているけど、このリセットがあるから、10種類近くの市民活動が何とかやれついるのかも。そんなこんな日々。

あやうく火事に…


朝、爆発した髪の毛を直すのにタオルを浸すお湯を沸かした。
あれ、焦げ臭いっと思って見たら、ヤカンを載せてないほうの、よりにもよって木のお盆を載せた方のコンロを点火していたのだ!
(°д°;;)
で、側にいたのですぐに気づいて火を止めたが、お盆は焦げてしまった。
(これが結構美しい・写真)
左・右や着ける&消すの対になる言葉をいつも反対にやらかしてしまう事からのミスなのか?
それとも軽度の認知症の始まりなのか?
いずれにしても今日は珍しくお客さまをお迎えする予定で家をきれいにしていた所。
火事になったんじゃお客さまどころではなかったよね~。
あぁ、よかった
(^o^)/


Powered by FC2 Blog