FC2ブログ

プロフィール

ちゃびん

Author:ちゃびん
2008年10月にアスペルガーと診断され、納得の人生が始まった・・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


釣ケ崎海岸にて




東京オリンピック、サーフィン会場となる釣ケ崎海岸(九十九里浜の一部?)にレンタサイクルで行ってきた。
海岸には、卒論で対象としたフジノハナガイの貝殻が落ちていて懐かしいやら嬉しいやら。
卒論を書いた37年前、宮崎の青島海岸と鹿児島の種子島で、フィールドワークしていた日々。フジノハナガイは名前の通り、砂浜に散らばっていると藤の花が咲いているかの如く美しい。
更にこの貝は、満潮に向かう時に、波が寄せる時に砂浜から飛び出して潮間帯を登ってきて、5メートルほど移動し、干潮に向かっては、ひき波の中で飛び出して少しずつ戻っていく。
どうやって満潮や干潮を感じているのかまではわからなかったが、食べてみたけど砂抜きがあまりうまくいかなかったので生き残ったと思われる。
殻長からの分析で、大体4、5年の寿命。この貝も4才くらい(年輪のように、夏はよく育つが冬は育たず、殻が詰まったように重なっている)。
外洋性の砂浜に生息しついる貝で、太平洋側なら大抵生息しついるだろうとゼミの先生は言ってたが北限や南限についての論文は当時みつからなかった。
25年ほど前に子どもとポンキッキを見ていたら、ガチャピンが「今日は九十九里からで~す」と手を降る足元で、同じ性質のナミノコ貝が飛び出していたから、長年九十九里に行きたいと思っていた。
ナミノコ貝は、貝の模様も大きさもアサリに似ているが殻形が楕円形である。
ナミノコ貝も食べてみたが、やはり砂抜きに難点があった。
今回ナミノコ貝の貝殻は見つからなかったが、懐かしさで胸がいっぱいになった。
ちょうど1年前に亡くなられた先生、今のところ北限は九十九里ですよ~?


スポンサーサイト




先週末、クラウドファンディングで1泊+飲み放題バーベキュー付きを予約し、上総一宮のTENTに行ってきた。
中庭があり、別荘気分の出る作り。
ロッジには天窓があり、満月がくっきり見えた。
ただ「バーベキュー後には食器や調理道具を洗って下さい」と言われて、ショック。私は呑んだら、何もしたくなくなるので…しくしくしてたら、夫が全部洗ってくれた。
(^o^)/
飲み放題の後なのに、信じられな~い。
で、チェックアウトの11時までごろごろしてのんびり過ごす。
熊本の実家に1棟建てることはできないか?と値段をきいたら900万円だそうです。う~ん。?

久しぶりに落とす


袋の口を切るのは結構緊張する。
コーヒーの袋をうまく切った喜びも束の間、パックリ落とす。あ゛~?

Powered by FC2 Blog