FC2ブログ

プロフィール

ちゃびん

Author:ちゃびん
2008年10月にアスペルガーと診断され、納得の人生が始まった・・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


コンサートの花束


実家でのお琴(松下知代先生)のコンサートの手伝いのために帰省する。
私は草取り、球根堀り(白い彼岸花の球根を彫り上げバザー用にビニル袋に入れる)、花束係。
左は千両、右は紅葉とムクゲとトレニアと紫蘭(と母が言ってるが違うとの説も)。
以前もらった花束の包紙とセロファンとリボンの中から合いそうなものを選んで前夜アイロンをかけておく。
朝から包んで午後のコンサートで渡した。
昔、イギリス式の花束の作り方を習ったのが役に立ってるみたい(^o^)/

スポンサーサイト



夫の靴下の穴


穴があんまり可愛かったので、マジックで描いてみた。
今日は交通事故に遇わないでね★

おひとり様クイズ

新幹線に乗り、ふと目を上げると大きな川を渡っている。
ここで、おひとり様脳内クイズ!「さて、これは何川でしょう」そこで出発時刻から想像して脳内で「大井川!」と叫んで、わたりきった所の「一級河川大井川」の掲示板を見て「ビンゴ!」と脳内で叫び一人でニヤニヤする。
他にも、TVでナレーションが流れ始めて字幕が出るまでの数秒で「誰だれ」と名前を叫ぶ。
私はこれをおひとり様クイズと呼んではいるが家族がいれば巻き添えにする。
正解だったら「お母さん(または、ちゃびんって)、凄いね~」と誉めちぎらないと、いつまでも私が「どお、私って凄いでしょ」と言い続けテレビを見ることができなくなるから、私を黙らせるために誉めちぎらないといけなくなる。
家族はこうしてテレビに向かって喋る私に辟易しながら暮らしているらしい。
今後、益々独り暮らしの人が増えるらしいので、この手の独り遊びを開発しておこうっと?

鶴のようだが鵜飼いの鵜である。
この辺りは鵜飼い尽くし。岐阜市の汚水マンホール全部が鵜なのか、今回は、台風で翌朝直ぐに経って帰ってきたので調査不足。
次回の鵜飼いリベンジを待たれい?

鵜飼い舟にソーラーパネルが乗っけてあるのが面白い。
蓄電池を積んでいるのでなければ何のための太陽電池なのだろう。
鵜飼いは、基本、夜だと思うけど。はて?


カトラリーが出てきた。
私は食器などもひっくり返してどこ製なのか見てしまう。
家具もしかり。
で、このナイフはメイド・IN・フランスだったので若い友人(当時中学生)がカトラリーの歴史を調べにフランスに行ったのを思い出した。
帰国してまもなく、テロがあったので「順序が逆なら行けなかったかも、よかったね」とメールしたのを思い出した(東大の先端研のロケットからの参加だったので)。
こんな風に止めどなく芋づる式にあれこれ思い出してしまうのは悪い癖。
ところで、このナイフの柄に虫の彫刻がついている。
見た目一番似ているのは「蠅」。
まさか食卓に蠅はないだろうと、ホールの方がメインディッシュを持って来た時に「蝉ですか」ときいたら「蜜蜂です」と。
食卓には蝉より蜜蜂のほうがよく似合う(太宰治風に)。


Powered by FC2 Blog