FC2ブログ

プロフィール

ちゃびん

Author:ちゃびん
2008年10月にアスペルガーと診断され、納得の人生が始まった・・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム



台風接近でお目当ての鵜飼いが中止に。
ガッカリしつつ町歩きをしていると素敵なイタリアンのお店があったので、入って大満足。
店の名前の意味は満月。お近くに行かれた方は是非。(岐阜市玉井町21-1)

ちなみに、ちゃびんの夫の甥っ子も、イタリアンのシェフ。横山、元町商店街で「イルネッソ」という店をやっている。
こちらも是非。ランチが、12時~ 4000円+サービス料+税。約2時間かかる。
ディナーが18時~ 8000円+サービス料+税。約2時間半~3時間。
イタリアのシチリアで修行をしていたとき、アルマーニが食べに来て「こんなうまいステーキを食べたのは20年ぶり、焼いたコックは誰だ?」と言ったので、地元の新聞に載ったこともある。腕はピカイチだよ。是非。
スポンサーサイト



金木犀の香り

三連休では伊東で香り火曜日には浦安で香る。
この週末岐阜市でも香ってる。
桜前線や紅葉前線のように金木犀前線を感じつつ、旅をする。

K's Houseの電灯


和風の意匠を生かした電灯。
いまや、絶命危惧種かと

城ヶ崎その2


天気がよくて海がエメラルドグリーンで美しい。
中3で行った鹿児島の佐多岬(佐田岬?どちらの字が正しい?)を思い出した

城ヶ崎


何とかサスペンスで犯人が最後に追い詰められる断崖絶壁のある場所。
この写真は、下からの波と上からの何かの力でで穴があいたと思われる。

からかみ



1枚目は宿泊した部屋の襖紙。
2枚目は東海館の襖紙。
唐紙という上等な襖紙ではないかと思う。
上野の岩崎邸や古河邸で見るやうな…

伊東温泉


連休で伊東温泉へ出かけた。
この建物は昭和初期に建てられた旅館、東海館。平成19年まで営業していた。
私たちが宿泊したのは隣に建つそっくりなK's-Houseというユースホステル風旅館。
部屋は川に面して風光明媚。
ロビーも広くキッチンがあり、ご飯を作って食べている方も多い。
基本、外国人バックパッカー向け。
日本人は2連泊から。
部屋にはエアコンと冷蔵庫と洗面所はあるが後は共同。(3日目に探検したら風呂トイレ付きの部屋もあった)。
大浴場や貸し切り風呂もあるし、朝はドリップコーヒーもスタッフが入れてくれる。
こちらの建物は大正時代とさらに古いが、古さを生かしてリフォームしてありとても居心地がよかった。
全国にいろいろあるみたいだからホテルモントレーの追っかけから鞍替えしてもいいかな~と思った。

注ぐは苦手



牛乳はよくこぼすものの一つ。
牛乳パックの注ぎ口は細いのに、手前にこぼしているのを見ると、原因は「目測の誤り」&「初速の速すぎ」かと。
ゆるゆる傾ければ注ぎ口がコップに届いていないことに気付くことができて、微調整ができるはず。
あぁ、何かを作る度々、注ぐ場面でこぼしてがっかり。
2枚目は、こんな大きな開口部なのに、入らなくてこぼす、ネコ砂。
これもよくこぼす。原因は「油断」「忘却」かなぁ。
こんなに広いから大丈夫と思っている私。
次は前の失敗を思い出して用心すればいいものを、また同じ失敗をしてから「あ~前も同じ失敗をしたかも」って思い出す。
次男も同じことを呟いていたことがあるので発達あるあるなんでしょう


奥まで歩けるのが嬉しい

長男から指摘されるまで気付いていなかったが、ごみが上手く捨てられないのも長年の悩みの一つ。
これは直径30cmある台所のゴミ箱からはみ出たトウモロコシのヒゲ。
トウモロコシはよくはみ出していて、ごみ捨ての時に拾う羽目に遭う。
多分力を入れて引っ張った勢いで手を離しているんだろう。
「トウモロコシには気を付けろ!」と気合いを入れて剥いているのに、やっぱりな、とガッカリする。
こんな感じで気合いを入れて生活してるから疲れて(それでもほとんど解決してないのだが)枕に頭が付いたら秒殺なんだと思う。
寝るのが下手な夫からは「すぐに寝息が聞こえて、うらやましい」と言われるし、朝起きたらスイッチが入ったように動くよね、とも言われる。
昔は、朝は足が棒のようで摺り足で歩いていたなぁ、血液検査で引っ掛かりリウマチかエリスマトーデス(膠原病の一種)との疑いが出て精密検査まで受けたが、何ともないと言われて、それはそれで「ならこの強張りは一体何なの?!」と訴えたい気持ちだった。
それも、いつの間にか消えているなぁ、この頃



前回部屋を片付けた直後に外遊びの会の荷物が届き、その後旅行に行き…気付い(覚醒し)たら、こうなっていた。
3時間後、ここまで、地面が見えるようになった。やれやれ。

Powered by FC2 Blog