プロフィール

ちゃびん

Author:ちゃびん
2008年10月にアスペルガーと診断され、納得の人生が始まった・・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム



右がジャガーで左がチータ?
この取り合わせで座席のデザインを採用した人、面白~い
スポンサーサイト

写真撮り忘れたと思ってたら、ありました(^o^)/

早岐駅での連結




昨日、早岐駅で博多行きに乗った。
まず、ハウステンボス号が来たので乗っていたらみどり号を連結するというので降りて撮った。
「あそぼーい」も止まっていたので興奮した。昔、トロッコ列車が接続していたような…寒いから夏だけトロッコ列車なのかしら。先頭車両は展望車両だったよ。
やるねぇ、JR九州

パワースポット


楼門のガイドさんに武雄市内の見処をきいたら武雄神社の裏手の樹齢3000年の楠を勧められ見に行った。
大きな洞の中にお祀りしてある。
最初、樹齢3000年に半信半疑だったが行ってみたら納得。
側に近寄れなあので煙草の箱とかマッチ棒とか比較できるものと撮影ができないのが残念(ここで比較に置くなら、自販機とか?
軽いもので赤い三角コーンとか?
私が写り込むとか?)。

温泉の屋根


温泉の湯気を抜く屋根と母屋の屋根を繋ぐと複雑な形状になるという訳だ

トイレの天井


トイレの天井の意匠が一番凝っていたかも(武雄温泉)

旧武雄温泉




辰野金吾設計の温泉。
禁止令を出されてもまだまだ混浴が一般的だった時代に左右対称に右が女風呂、左に男風呂、二階にお食事処を作った。
昭和48年まで浴場として使用。
その後台風被害に遇い、取り壊しの危機を凌ぎ復元したという。
辰野自身は子どもたちに設計士にはなるな、と申し伝えていたそうで、設計士はいないのだが、曾孫に設計士の方がいて、復元にあたってお願いされたそうだ。いい話
ちなみに、炭坑も近く客が押し寄せることを見越して、風呂は深く、立って入るものであった。
売店で働いていた地元の女性は「私も子どもん頃来よりましたが深こうて溺れよりました」と思い出を話してくれた。


楼門の四角に



楼門2階の天井の4隅に、換気の為の透かし彫りがあった。
今でこそLEDでライトをあてているからわかるが、この透かし彫りの存在は長く少数の保存会スタッフしか知らなかったそうだ。
東京駅再生プロジェクトの最中、東京ステーションホテルのスタッフから「お宅の辰野金吾設計の建物に動物のレリーフはないですか?」と問合せがあり「そう言えば楼門に子(鼠)、卯(兎)、午(馬)、酉(鶏)があります」と応えたところ、東京側が盛上り「東京駅には12支のうち、その4つのレリーフがなかったのです。これで謎が解けました」と。
辰野さんはこの謎について一切を書き残してはいないそうだが、100年後に謎が解かれたことを面白がってくれているだろう

武雄温泉、楼門



辰野金吾設計の楼門。
東京駅など洋館ばかり建てていたのかと思ったら、さにあらず。
施主が「竜宮城のような温泉遊興施設を」と注文したので、このような形になった。
ちなみに、この楼門は朝9-9半受付で中に入れ地元のガイドさんが説明をしてくれる。
104年前の建物に耐震補強をして見学者に解放、ありがたいことである

私はツバメ?


JR九州の特急。顔は昔の新幹線にそっくり。写真に録りそこなったが窓もそっくり。
車体にはツバメのマークが入っていたので九州新幹線かと見間違えた。
さらに、特急かもめ、と書いてあったので混乱した。
私はカモメ?
私はツバメ?

虹の松原


50年程前に父に海水浴に連れて来てもらった浜辺。
多分昔のまま。冬は涙が高くサーファーが数人いた。
父は忙しい中、夏にはあちこち連れて行ってくれたなぁと思い出す。
うちの子どもたちにはどんな思い出が残っているだろう

ヤブノエ


高校時代の美術部の先輩の絵が好きで文化祭を楽しみにしていたらその年は「ヤブノエ」と題した湖の夜景でライトが光っている横長の絵だった。
今回泊まったホテルからの夜景がそっくりで、先輩に確かめてみたいと思った。
ちなみに、ゴッホにもよく似た絵を描いている。


夕方滑り込んで中も見せていただけた。
明治末の辰野金吾とその弟子による設計。辰野が唐津出身だったことから、唐津に建てられたという。
20年前まで現役で、その後唐津市に寄付され数億円かけて復元した。
写真2枚目は窓口の金網だが、戦時中に金属供出。
戦後に新しくつけ直したという。

日の入り


帰りのフェリーから見た日の入り。
丁度、九州電力唐津火力発電所の2つの鉄塔の間に落日が来るように撮影してみた

猿岩




壱岐にある猿岩。
昔あったSONYのウォークマンのCMそっくりの!
時間があれば猿の顔によじ登れそうだったよ

雲の切れ目から陽が差してきた

唐津の夜景


年末、九州ツアーに申込み、最後羽田に戻らず離団して熊本に帰省することにした。
写真は鏡山展望台からの佐賀県唐津市の夜景。右手に長く伸びたのが虹の松原。
昔よく海水浴に連れて来てもらった懐かしい場所
ドジ主婦ランキングでINポイント2位、アウトポイント3位になりました!
(^o^)/
このランキングシステムがよくわかっていないし、ドジ主婦日記に登録した記憶もないけど、読者が増えて嬉しいです。
皆さんのおかげです。
ありがとうございます。
しばらく帰省するのでPCがみられませんが、来年もよろしくお願いします

アフタフバーバンという劇団の忍者ごっこに誘ってくれた公民館の職員の方に明日会うのでプレゼント

パネトーネパンをプレゼントにもらった。フルーツがたくさん入っていて、いい匂い。
木こりのサンタクロースも可愛い

大掃除


ガス台をのけてみた。
ガス台を置いて2回目くらい。前のガス台を買い換えたのが2008年だから、あれから8年経つのか。
新しいガス台を運んでくれたガス屋さんには、置く前に「掃除されますか」と訊かれたので「これで掃除済みなんです」と答えた。
私も訊いたお兄さんも少し赤くなった

昨日、今日は約束の大掃除と大片付けの日。
食事は出来るだけ手抜きで行きたかったのでおでんを作った。
ところが、いざ皿に注ごうとしたら、糸をひいているではないの。
驚いて、糸を引いた辺りの具材を取り除けてみたら、後は何とか食べることが出来た。
やれやれ。
何せ、径30センチの寸胴鍋一杯に作って、私は昼夜3日間食べるつもりだったから。
取り除けた具材は餅入り巾着、がんもどき、蒟蒻。このうち蒟蒻は、ぐずぐずに崩れてしまう。もはや蒟蒻の体をなしていない(他の蒟蒻はツルンとしている)。がんもどきは一部白くシワシワ。餅入り巾着が一番怪しい…割引品を冷凍してあったのを鍋に突っ込んだのだが、冷凍庫に入れるまで数日間チルドか野菜室でスタンバイしていたような気もする。
まあ、出来たてのおでんが糸ひいてたなんて初めてなんで、この程度で済んでめでたし、めでたし。

不時着と墜落

今朝、米軍のオスプレイが名護沖で不時着、とのニュースを台所で聞きながら、墜落と不時着はどう違うのか、考えてみた。
不時着は、燃料を入れたり、エンジンの不具合を修理したらまた飛び立てる状態、墜落は機体が損壊している状態。
リビングに出てきて画像を見たら、どう見ても、私の定義での墜落。
状況を過少評価するために「不時着」と言い張ったように感じられた

お茶のティーバックをゴミ箱に捨てたつもり。
一つは蓋の上、二つ目はゴミ箱の足元、三つ目はゴミ箱の奥に、見事に落ちていた。
3つ捨てて、3つとも、外にこぼれているなんて…

次男が友人の結婚式に出席し、引出物でいただいたお吸い物でした。

かじった後、しまったと気付きくぐもった声で「これ、お湯に入れて」と。
おっちょこちょいの私がやりそうな失敗だ

矛盾


今朝の日経朝刊に「かながわ憲章」なるものが半面広告で発表されていた。
夏の相模原での事件を踏まえての、障害者差別をなくそうという宣言なのだろうけど…何とかしたい、しようという意志はわかるんだけど…。
「差別も排除します」ん?

この憲章に「排除」という言葉は最も似つかわしくない。違和感バリバリ。矛盾する言葉だ。
私なら何とするか。
「いかなる偏見も差別も自覚します」かな?
私には差別意識はありません、とは言い切れない。何故かというと、これは差別かもと意識していることが差別を抑止しているから。
むしろ、差別は意識していないからこそ起こると思っている。
数年前の「いじめ撲滅」スローガンにも違和感バリバリ。
「撲滅」って、めちゃくちゃ暴力的。これではいじめははびこるばかり。
私なら何とするか。
「いじめ、早期発見&早期解決」かな?
これっていじめ?遊び?からかい?って思う辺りからウォッチして、エスカレートする手前でいじめている子のストレッサーを緩和、いじめっ子支援に切り替える。
どうよ

魚網の新活用法


風呂を白と茶にリノベーションしたので白のからだ洗いタオルを探すのだがなかなか見当たらない。
前に尾道で戦前の銭湯をリノベーションした雑貨屋で和紙の白い洗いタオルを見つけて購入したが段々柔かくなってきて…次を探していたら、東京ドイツ村で見つけたのがこれ。
背中も擦り易くて最高の使いごこち。
それにしても、身体洗いタオルってどうしてドピンク等カラフルなのが多いんだろう?
ちなみにこの魚網タオルもピンクやブルー、オレンジ、グリーンと賑やかな色が揃ってたよ。
この夜、東京ドイツ村はクリスマスイルミネーションで大混雑。
観覧車から眺めたいと日没迄30分、イルミネーション開始から20分待って9分乗って楽しんだ。
行きバスの中で添乗員さんが「今日、観光バスってドイツ村に何台来ると思います?」と訊くので「100台!」って言ったら「120台なんですよ~」って。「近かったでしょ」と夫を見たら呆れ顔で「小学生じゃあるまいし」と言われ、帰って次男に報告したら「お母さん、そういう時には少なめに30台とか言って、すごい、120台もですかぁ」って驚いてあげなくちゃ、と指南されちゃったよ。
買い物したあとによく「これ幾らだったと思う?」と私にきいてきてガッカリな返事(結構よく当てるから)をするからこれまでも随分「お母さん、こんな時にはね…」と言われてはいるのだが、何せクイズ好きだから態度は改められないなぁ

担々麺好き


最近になって夫の好物だと知った。
怖くて言えなかった(笑)のか?
一昨日養老渓谷の売店で見つけたので購入したら今日のニュースで昨日のB1グランプリ2位だった、とやっていたよ。
今日、昨日、一昨日と一文に3つが出てきたので打ちながら、ちと混乱した

また、あっという間にビフォーになるのだけど。
次男から、大掃除&片付けをしようと言われて、12/17-18に約束した。
彼曰く「お母さんは昔ちゃんと大掃除してたよ」
はて?
さっぱり思い出せない



1時間半かけて少し片付けたら探していたものが幾つか出てきた。何故これを大事に取っていたか、今となっては不可解なものも多数あり

Powered by FC2 Blog