プロフィール

Author:ちゃびん
2008年10月にアスペルガーと診断され、納得の人生が始まった・・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


東大の先端研のプロジェクトで研究しているお子さんから連絡をもらいました。

この子は、私がかつてやっていた おもしろ実験教室に参加していて、
エジソンのごとく、理科についての質問を次々にするので、
メンバーのリタイアおじさんが、マンツーマンで授業をしてくれたところ、
学校生活がとても落ち着いて、そののち、東大の先端研の
DO IT に参加、その後、この異才発掘プロジェクトに応募して
600人中15人に選ばれました。

NHK 教育テレビに出たそうで、アンコール放送があるとのこと。
http://www.nhk.or.jp/etv21c/archive/150627.html

*****

半年間密着取材を受けていた番組が放送されることに なり まし た。

NHK教育 ETV特集 7月4日 0時 (7/3の深夜24時)
「不器用な僕らの教室〜異才発掘PROJECTの 子 供 達」よ かっ た ら、ご 覧下 さ い。

*****

スポンサーサイト

飲んだら、まず甘い。シロップを後から持ってきてくれたのを、飲まずにいれたら大変なことになるところだった。
次にフレーバーがオレンジっぽくない。
マスカットのような香りがするが、私の嗅覚と味覚が混乱してるせいかな?
食器を下げにきた店員さんにおそるおそる「これ、オレンジですか?それに凄く甘いんですけど」と言ってみたら「フルーティーなので甘く感じられるのでは?」
「では、このマスカットの香りは気のせいでしょうか。私、味覚がおかしくなっちゃったのかしら」と突っ込むと
「失礼します」と嗅いで
「申し訳ありません。作り直します。」って、私の制止を振り切って持って持って入ってしまったのね。
で、作り直してくれたのが、これ。
色も同じ。でも甘くない。
「これは甘くないですね」としつこく言ってみたら
「先ほどのは、シロップと混ぜてサイダーを入れる別のお飲み物でした。」とシロップの存在が明かされた。
納得したけど、私、クレーマーだったかしら?

ガンバリサラダ


右膝の半月板断裂のため、電気をかかりに行き、待合室のTVで料理番組を見ていたら、ポテトサラダ・ニース風、をやっていて、アンチョビが買ってあったのを思い出して、作ってみた。
グルメの次男が絶賛してくれた。直径30センチのウェッジウッドのお気に入りの皿に盛る

シャツを切る


夫の肌着の首の所が擦り切れてきたので、台所の使い捨て汚れ拭き用に小さく切った。
本来テレビを見ながらでも出来そうな仕事だが、これが曲者。
自分の着ている物を一緒に切ってしまわないか?
周りのコードを切断してしまわないか?
細心の注意を払いながら30分。
ダブルタスクが苦手は、ここでも出てしまう。
で、何とかうまく行った。
中学生時代、家庭科の課題で枕カバーの刺繍を仕上げて、出来た~!と持ち上げたら、スカートも一緒に持ち上がった、あの瞬間、喜びから奈落の底に落ちたのを思い出す

コーヒーを入れた。
大抵、二人分をマグカップで入れるから、口までギリギリ。
「あ、今日もギリギリだった。気をつけよ…う」と思っていたのに、手が一瞬早く動き、ガバッと掴んで零した。
入れすぎ、初速度速すぎ、のダブルだったかと。

紫陽花その2


統廃合になった子ども達の母校の紫陽花。
誰に見られなくても美しく咲く。
私もこの花のようにありたい

紫陽花その1


常総市Sakano's Gardenの紫陽花。
花心が美しい。生活クラブの日帰り旅行にて

25年前のミスド福袋に入ってた、ラーメン鉢を割ってしまった。
昨日、夫がもう一つ数年後に買った福袋の別のラーメン鉢を見て「ヒビが入って割れやすくなってるよね」と言ったばかり。
引き寄せの法則だね。
愛用していた次男に伝えると
「いい人生だったね、埋めてあげないと」
確かに、我が家では長生きの部類であった。
南無、あ~めん。
因みに「埋めてあげないと」は次男の口癖で、金魚、沢ガニ、ヤゴなど飼っては死んでしまったとき、団地のある場所に埋めに行っていた名残だろう。
娘が亡くなった19年前にも「金魚の隣に埋めてあげようね」と無邪気に私に言ったので泣けたなぁ

命日の花


娘の誕生日と命日には奮発して花束を買う。
花屋で「お墓の花なので1対で」と最初に告げると、大抵菊を勧められるが「私はあまり好きでないし、娘のだからかわいくしてほしい」と伝えてから花を選ぶ。
父の日と近いので花屋は混んでいた。
グリーンにあしらってもらったのナズナ。
珍しくて入れてもらった。
昔は芍薬は選ばなかったが、このごろ好きになり、入れてもらった。
私も歳を取ったのね。
誘うと珍しく次男がついてきてくれた。
「妹のこと覚えてる?」ときいたら「全く覚えてない。後から、歌を歌って吹き込んだとか聞かされて記憶になってるものはあるけど」
次男の記憶力は半端なくよくて、クリア。
小4の頃「馬っていう字の書き順、わかんないんだよね。僕、2年の時、不登校して習ってないから」と言うので驚いた。
また、ある時「寝なさいって言われて後半見てない映画、見たいんだよね」と言うので
「前半、どんなだった?」ときいたら
「目を押さえて『ジンジャエール』って言った」とか、2~3のエピソードを言うので、長男と夫と3人でしばらく考えて
「もしかして、三谷幸喜の12人の優しい日本人?!」
で、借りてきたら、そのエピソードもセリフもそのままで3人して「恐れ入りました」でした

ある夫婦の会話

朝のコーヒーに夫は砂糖と牛乳、私は豆乳。
ある朝、夫が「コーヒーが残ってたらちょうだい」と言うので
「いいけど豆乳だよ」と答えたら
「糖尿?」と聞き返したので爆笑。
その後、夫が
「オシッコ行ってくる」と言ったので変だと思って聞き返したら
「よっし、行ってくる」と気合いを入れたんだそうです。
再び爆笑して「同じくらい耳が遠くなったんだね、私たち」と労り、送り出しだのでした。

きな粉も参戦


友人にワラビもちをもらったので、食べようとして最後にきな粉の袋をちぎった瞬間、飛び散った。
全部飛び散らなくてよかった

青海苔もこぼした



青海苔を買いに行ったところ、ビンしかなかったのが敗因か。
開けたとたんに噴火して指に降りかかった。
蓋を「そっと」開けることができないので噴火は毎回かも。

ゴマをこぼす


冷蔵庫から豆乳を取ろうとして、ゴマをこぼした。
チャック付きなのにチャックを閉めていなかったのでこぼれたのだが、チャックがきちんとされていればゴマの袋を落とすだけで済んでいるし、豆乳を取るときに、豆乳だけを丁寧に取ることができれば、たとえチャックがあいていても、ゴマをばらまくことはなかった。
更に言うと、ゴマの袋を置く場所が、豆乳と遠ければよかった。
私の失敗が起こるべくして起こっているのが結果を辿ればよくわかるのだが
 

今日の玉突き事故


昨日夕方、自転車がパンクしていて、今日自転車店に持ち込むと、バンクでなく、バルブが盗難されたことにより、空気が全部抜けていたことがわかった。
そのつもりで見れば明らかなのだが、画鋲が刺さったかな?とそればかり見ていたのだ。
そこで、修理を頼んで、半月板断裂のために整形外科で電気にかかり、昼と夜の食材を買い、写真の焼き増しを頼み、ショッピングセンターのポイントを付けて、いざ、自転車店へ。
忘れて、次に自転車を使う時に「盗難だ」と勘違いしないように。
ここまでは、すべて順調、自転車店で発行された引換券を手に、店に入っ店員さんに渡してお金を払おうとしたら、な、な、財布がない!?
さっき、引換券を出した時まで握っていたはずの財布がヽ(゜▽、゜)ノ
すぐ引き返し辿ってもどるも、落ちていない。
警察に届けた後、ショッピングセンターの遺失物係に出向くと、届いてた~(^-^)/。
ショッピングセンターのポイント加算機の近くで落としたのをお客さんが拾って、近くの店に届けてくれて、店の人が遺失物係へ。
受け取って、店にお礼を言いに行ったら、拾ってくれたお客さんが店を出たばかりだとのこと。
探してお礼を伝えて、何かお礼を、と言ったが断られ(あいにく、持ち合わせもなく)、頭を下げるだけで、お別れしてしまったが。
彼女が言うには、何かが落ちる音がしたので振り返ってみたら、財布だったので、拾って探して下さったが、私はわき目も振らず、一目散に自転車店を目指していたのね。
聴覚過敏の癖に、この音に気づかぬとは、何と役に立たない耳であることか。
この間、20分の出来事。
警察にも出てきたことを伝え、家に帰って、チャーハンを作って食べた。
夜、財布を計ってみると396グラムもあった。
遺失物係の人が、私の顔を見てほっとしていたのを思い出した。
何でも、入っているものを全部書き出さないといけないんだって。10個くらい書き出し始めた紙を見せてくれた。もちろん、持ち主がすぐ見つかってほっとしたのも大きいだろうが。
書き出したら100以上のアイテムがあったんだろうね。きっと。
とにかく、玉突き事故は起きたが、最悪の事態は避けられた。
私が人生で財布を落としたのは5回、いずれも親切な人に拾ってもらっている。

今日の晩ご飯


昨日、夫のボーナスが出ていたのを忘れて、労いの言葉を伝えていなかった。私は鬼嫁。
で、今日の晩ご飯ははりきった。
これで30分の力作。
カボチャの素揚げ、大学芋、ナスの煮浸し、大根のすまし汁、白菜の漬け物。これに夫にはステーキ、刺身がつく(私はトンテキ)。
夫が先日「君は家事が得意じゃないけど、ご飯を作るのはクリェイテブ(創造的)だと思わない?」ときいてきたので、一瞬"疑問文には気をつけろ!"の文字が頭の中を電光掲示板のごとく、チチチと走った。
今回は単なる質問だと判断したので考えてから「確かにクリェイテブだけど、コレが全部ウ○コになると思うと、やる気が出ない…」と答えたら、途中で夫から口を塞がれ「すか~ん、もうっ」て叱られた。
確かに食事後にもふさわしくない話題だった。
今日にも、ふさわしくない。
では、いつならふさわしいかしら?
全くふさわしい場面が思い浮かばない


調理台にものがあっても目に入らず。
手が滑ってポテトサラダの上にお椀を落としてはっと気が付いた。
私は何と狭い所で調理をしていたの?
作りながら、落とす、倒す、こぼす、はもしかしたら、片付けてないから起きる玉突き事故だったのかしら
びっくりです。ブログを読んでくださって、ありがとうございます。いつか本にしたいです。では。☆

草取りは好きである。「たまに」「手伝う」からかもしれないが、単純作業であるからかも。
後は、取りながら、妄想が楽しめるからかも。
色んなことが頭の中を飛び交う中、父のことを思い出した

Powered by FC2 Blog