プロフィール

ちゃびん

Author:ちゃびん
2008年10月にアスペルガーと診断され、納得の人生が始まった・・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


結婚記念日



28日が結婚記念日で丸々27年を過ごしたことに。
不覚にも、26、27、28日がイベント続きで忙しく、夜酔っ払って帰ってきた夫から「結婚記念日おめでとう」と言われて思い出した。
写真は1月からこの日のために用意しておいたウィリアム・モリスのマグカップ。お揃いの絨毯の上に置いて撮影。
ウィリアム・モリスのアーツ&クラフト展のチラシに「役にたたないもの、美しいと思わないものを家に置いてはならない」とあって座右の銘にしたいが、なかなか。そういう意味で、このチラシは役に立ってないわけだが2009年に行ってから5年も大切に取っているとは…役に立ってないものを置いていることになるのでは?悩ましい問題である
スポンサーサイト
靴下や手袋が泣き別れ(新聞校正用語)になる話を先日書いたが、日常ではセットものに溢れていて、これがなかなかセットで収まらないのである。
例えば、箸。右と左がなかなか合わないのである時からMUJIの竹の箸を使って解消。
だが先日嫁入りの時(26年前)に実家からいらない箸を、それも夫婦箸セットを数セット持たされていたのが発掘されて、使い始めたらさあ大変。
夫婦箸そのものもセットの1組でさえ長さが微妙に違うのだ。
姫スプーンとフォーク、5本セットがすでに3種類1~2本ずつ。
鍋の蓋と鍋。
密閉容器の身と蓋。
大さじ&小さじ。
塩&胡椒
水筒の本体と中栓と蓋。
お揃いのブラジャーと パンティ。
スリッパ。
靴はさすがに、左右違いを履いて出かけたことはないが、今後はもうろく力がつくので保証はできない。
私の解決法は靴下と同じ、蓋は蓋だけを同じ場所に置く。使う時に捜す。
セットでしまうことを考えたら家事がそこで止まってしまう。
使いたい鍋を使う、というより、その時、鍋と蓋のセットで見つかった鍋を使う。
こう書けば、どれだけの鍋があるかと想像されるだろうけどフライパンを入れて4.5セット。ひとつの鍋は20年前にすでに蓋が行方不明なので0.5。台所仕事の困難の一つである
三谷幸喜の人形劇、シャーロック・ホームズが始まったのに便乗して。
私には、観察力と推理力と言い張り力があり、時々、夫からシャーロック・S子と恐れられている。
先日、自分で自分のメガネのレンズが汚れているのに気づいて、拭いた。自分で気付くことは、まずないのだが、珍しく(この話は私の観察力の鋭さとは矛盾しているのだが)気付いて、拭いた。ついでに横の夫のレンズを見ると汚れていたので「拭いてあげようか」と声をかけ、拭いたのだが、ついていたのは汚れでなく涙だったので思わず「泣いた?」ときいたら「泣いたよ。何でわかった?」「この、じょうろで水をまいたみたいなのは、私も泣いたらできるから…何で泣いたかきいてもいい?」「うん、さっきのテレビ、小林凛くんの」あぁ…私もご飯を作りながら見て泣いた。ランドセルの俳人と呼ばれている少年の特集を見て泣いたんだ。なんて純な人。
かくて、涙のほとばしりを見逃さなかった私は「シャーロック・S子(私のラストネーム)と呼ばれたのであった。
私は彼の大人になって罹った、水疱瘡、手足口病、おたふく風邪、をいち早く見抜き、医者にかかるよう勧めたし、昨夏は、首のリンパ腫もコリコリを発見し、それがキッカケで甲状腺ガンがわかり手術もした。
あ、こちらはシャーロック・ホームズでなく、ワトソン・S子博士だね
今頃書くと、バッシングみたいで嫌だけど、違和感が日ごと膨らむので書くことにした。
科研の小保方晴子さんの割烹着の袖にゴムが入っていないのは何故か?
彼女がお洒落であるというなら(実際お洒落である)、一番汚れやすい袖口をカバーしていないのは何故か?
映像がニュースで流れるたびに、疑問に思っていた。
そもそも、こぼしの天才の私とは、溶液の飛び散り方が違うのだろうけど、私の白衣は、液体でどろどろに汚れていた(私は「苦手を克服せよ」との母の教えに従い、高校の恩師の反対を押し切り、最も苦手な実験系に進学し挫折した経験を持つ)。更に学生生協のイベント担当で立て看を書くときに、白衣を着ていたのでポスターカラーも付いて総天然色であった。記念に取っておけばよかったな

やっと発見


片方の靴下がよく行方不明になるので、片方の靴下の引き出しがあるのだが、最近、2年片方になっていた手袋を、その引き出しの中で「両方」発見した!
時々、靴下が片方出てきた時にかき回して探して見かけていたのだが、まさか両方、カタカタ靴下の引き出しに入っていたとは。
見る度に「片方はどこかしら…、お気に入りだったのに…」と思っていた。右手を見たり左手をみたりしても、どっちか覚えていないので両方入っていることに気づかなかったのね。
解決のためには「カタカタ手袋の引き出し」を作ればいいのかしら…?
みんなはどうしているのかしら?

スポーツカイト


連凧があがっているのかと見に行ったら、8人の男性が8つの凧を操っていた。
写真は「ボール」のポジション。
リーダーが「アーチ」とか「3-2-3」とかフォーメーションの声をかけていた。
素晴らしく息のあった演技であった

最近こぼさなくなったなぁ、と思ったのがいけなかった。
美味しいふろふき大根だったのに、ついで置くと、グラッときてこぼした。たぶん、平らでない所にひょい、と置いたのだろう。
最近風邪をひかないな、と思うとひくし、転ばないな、と思うと転ぶ。意識すると引き寄せてしまう。
知人の視覚障害の方は「見ようとした真ん中が黒くて見えない。だから本や新聞読めない、表示が見えない」と話してくれた。
私の耳と似ている。聴こうとして耳をすますと却って全部の音を拾って聞こえなくなる。
落としたらいけない、と注意すれば緊張のせいか却って落とす。
意識的にしなければうまくこなせているのか?
意識してないから、サッパリわからん。

桜の枝の影


河津さくらを見に行った。桜もいいが、影が美しい。
私は、判子好き、版画好き、影が好き
お芝居を見に行き、直前にサンドイッチを食べるので、カフェ・ホイップを飲んだ。コーヒーにホイップクリームが入ったもの、ウィンナーコーヒーとかつて呼んでいたものである。
蓋をとり、マドラーでかき混ぜ、マドラーを抜いたつもりが抜けていなかったのか、目の前にぼったりとクリームが落ちた。
それに驚いた夫が立ち上がった拍子にガタンとテーブルが上下して、玉突き事故かよ、と驚いたが幸いにもこぼれたのは、クリームだけだった。
余談だが、ガタンにビックリした拍子に私は帽子を落としていたらしく、向かいの席の人が拾ってくれた。
私は自分がやりたいようには手が動いていないので、こぼす、落とすが日常茶飯事。
夫からは「君の日常を録画して見ればどうしてこうなっていまうかがわかるよね」と言われた。
ハイ、ゴミ箱の周りがゴミだらけ、の謎は長男が長年観察して見つけてくれた。いはく「ゴミ箱の上で視線がそれてて肝心なところ(ゴミ箱にゴミを確実に落とす所)は見ていない」という世紀の大発見をした。
私の「こぼす」はこれを上回る発見となるのか?!
地下鉄で2才くらいの男の子を連れた若いお母さんがネイビーブルーのスニーカーを履いて座っていた。上をグレーでまとめていて、素敵なコーディネートだと思って見ていた。
二人の席の真ん前には、同じメーカーの赤い同じくヌバックのスニーカーを履いている若い男性がいたので、この3人は家族、と信じていたが、降りたら全く関係なく歩き始め、他人であることが判明した。
何という偶然!
何という強い思い込み!!
(写メしたかったのだけど、さすがに勝手に撮るのはいかがなものかと遠慮したのでした…残念)

ふるさと友達便



先日宮崎で泊めていただいた友人宅に寝間着のズボンを忘れて「次回お世話になるときまで置いておいて」と頼んだもののチャンスが当分ないことがわかって「宮崎のものを入れて送るね」とメールがきた。
彼女とは、約20年に子ども連れで夏休みに帰省した時に母が「手づくりおもちゃを作って遊ぶお母さんで子どもたちの年も近いから」と紹介してくれて、帰ってる間ずっと入り浸って遊んでいた。
余談だが、ある夕方ご主人が早く帰ってこられて学生時代の知り合いだったこともわかってびっくり。
その後実家が熊本に引っ越してから年賀状のやり取りだけになっていたが、今年になって思い切って「宮崎に行くんだけど泊めて貰えるかしら?」と連絡して再開を果たした。
1月と3月に夜更かししてしみじみ話すとお互いの興味やこだわりが近いことがわかって、特に3月に会って以降毎日のようにメールのやり取りをしている。
友達よりさらに近くて妹みたい。で、甘えてズボンを送ってもらったら宮崎名産品がたくさん詰まっていたのだ。まるでふるさと小包のようで感激した。
中でも、新ものの切り干し大根を白出汁とみりん、ちょっぴりの黄ザラメで煮物を作ったら、柔らかくて美味しいこと\(^_^)/
乾物とも生とも全く違う、かんぴょうに似た食感の美味しさ、グルメの次男も絶賛だった。
ところが、呑んで帰ってきた夫にも、と残しておいたのに、忘れて私が食べてしまった!
ヽ(゜▽、゜)ノ
自分で乾燥させて切り干し大根から作ってみようかしらっと

佐原の畑の夕暮れ


佐原にイイトコサガシ講演会で行った。
畑が美しいマジックアワー

Powered by FC2 Blog