プロフィール

ちゃびん

Author:ちゃびん
2008年10月にアスペルガーと診断され、納得の人生が始まった・・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ビフォーアフター



部屋を開けて入った第一印象がよくないのでイ○アにカーテンを買いに行った。
カーテンレールは前からある突っ張り棒。
アイボリーなんだけど、白くてまぶしい。
グレーを買ってくればよかった。
今回の片付けは、結構長くきれいを保っている。いとウレシ
スポンサーサイト

今日の昼ご飯


チラシ寿司と残り物のおでん。大根おろしを乗せた納豆と、ういろう。
ベランダで紅葉を眺めながら…


ベランダに出て食べた。
窓を開けた時、網戸を開けた時、物干しに置いた時、の3回にわたり、コーヒーをこぼす。凝りもせず。
皿とサラダボウルとマグカップはケン○ッキーのオマケ3点セット。
初めてのお給料でピーターラビットの雨傘を買ったくらい好き。既に10年以上前にファ○リアが提携を解消したらしく、どうしたら手に入るのか?
毎年、トイレのカレンダーもピーターラビットなのである。

左足中指のみ捻挫


ベッドから降りたとき、めちゃくちゃ痛かった。
折れたかと思ったけど紫色になってるだけ。
写真では変色がイマイチわからないが。
それにしても、中指だけ折れ込んで足をつくとはどんなつき方??。同じ日にやはり左小指先をといだばかりの包丁でスパっと切った。
左側受難の日

香嵐渓の紅葉




水に映った紅葉が更に美しい

陣屋の中庭


紅葉が美しい


まず、玄関を入った真正面の壁が一面の青海波(せいがいは)。写真なし。
途中の襖模様も青海波(写真上)。
お茶室の炉の灰までもが青海波(写真下)。こんなに美しい灰をかつて見たことがなく、感動した。



マンホール好きで、出先でのいろんなデザインにわくわく。
上から白川郷、足助町の明治からの燃料屋さんのガソリンタンクの蓋、足助町のマンホール。

たいていスープをこぼす。
こぼすとわかっていても、慎重にできない。
第1に、スープのビニルをあけるのが下手。
第2に、ラーメン鉢に入れるのが下手。
第3にケチだから最後までいれようと、しごくときに勢いよく力を入れてやるので飛び散るようだ。
私の失敗を観察してみて「いきなり(初速度が早い、そろそろっと始めることができない)」「力いっぱい(弱い力でやってみて様子をみることが苦手)」が多いように思う。
たぶん他にもまだまだある。
気がつくのに50年以上かかったが気がついたからといって、どうすればいいのかがわからない。
修正にも50年くらいかかるのだろうな。
祖母が105才で健在なのであと半分は残っている。
器用にこなせるようになって、スーパーばあちゃんになってやるぜ。
(せっかく習得した技も、全介助になってお蔵入りしないように。ちなみに祖母は99才までひとり暮らしをしていたのだ。あっぱれ)

六義園



上野の先、駒込の六義園に行った。
庭内の通路の敷石。

液体でこぼすのは、ダントツで醤油。理由は使う回数が多いからだろう。
今日はカレーを作った時に、余った鶏肉を醤油につけて唐揚げの下味をつけておこう、と閃いた。
ニンニクはうまく入った。酒もこぼさなかった。醤油まで集中力が続かなかったのか


9年間、家から出さずにこっそり飼っていた猫が家出した。
写真は3日後に見つけた時の再現をキリンのぬいぐるみで。
豆粒のような黒い点は、つぶらな瞳。
非常階段に引っかかって、私の呼ぶ声に小さく鳴いた。
階段の踊場で声が聞こえたので、だーっと下に降りて呼ぶと、上から返事が。
まさか、の場所で発見!
顔と前足が挟まって動けない。
驚きつつ夫を呼んで救出した。
私が網戸の張り替えを頼んで外したのを忘れ、窓を開けっ放しで1日中出掛けていた間の家出だった。
帰ったら大抵、玄関で鳴いているか、おなかが空いた~と足にまとわりついてくるか。
エサの皿におかずを入れたら、音もなく現れる、と言った具合なのに、全く音沙汰なし。
夕飯を食べて外を探すがいない。夫や次男にも知らせて夜探したが、発見に至らず。
翌朝、マンションの掃除の方、宅配便の荷さばき所の方、建物の修繕工事現場の方に、こっそりお願い(飼育禁止のマンションなので)した。
保健所、市役所、警察にも連絡した。
夫は憔悴してため息ばかりついていた。
今は金沢にいる長男が14才でうつ病になったときに飼いはじめた猫で、一番かわいがっていたので合わせる顔がない…。
夫がネットでいろいろ調べてあれこれためしてみた。
戻ってきた時には、猫可愛がりとはこのことか、といわんばかりであった。


Powered by FC2 Blog