プロフィール

ちゃびん

Author:ちゃびん
2008年10月にアスペルガーと診断され、納得の人生が始まった・・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


猫砂を捨てる


捨てる作業が苦手である。
これも一種の「注ぐ」「移し替える」作業なのだが、傾けるスピードや角度の見当がつかないので、いつも適当に(いいかげんに)やっていたことに気付いた。
気付いたからといって出来るようになるまで10年くらいかかる。
そうすると今度は加齢で手が震えるとか、別の問題が起きるのだろう。
あ~あ
スポンサーサイト

落とし王の私、いわき市への日帰り遠征の帰り道、昨夜11時過ぎのK線でうかつにも寝込んで、慌てて降りたら愛用のハンチングがないっ!!
半ば諦め半分、東京駅遺失物係に電話したら(また、つながらないんだ、これが)、それらしき帽子が届いてる、と。
まだ、全体に集められてなくK線のホームにあるから、と言われ、今朝、狛江市での作業を終えて取りに行ったら、私の帽子だった。
ありがとう、拾ってくださった方。
ありがとう、駅員さん。
で、受取の書類を書きながら、おとどしの秋の網代旅行に向かう途中、やはりK線の網棚に旅行の荷物一式取り忘れ、網代であれ?ない!って慌てたのを思い出した。
その時もすぐに駅遺失物係に電話したが、結局出てこなかった。
私のパンツを誰かが取り込んだとしたら…洗濯後とはいえ、いやな気分。
警察に盗難届けをだしに行ったら、「それは遺失物届だ」とお巡りさん。
「いや、駅で保管してないってことは、だれかに持って行かれたって解釈できませんか?」と押し問答の末、遺失物届で。
更に、千葉県と東京都では管轄が異なるとのことで、丸の内警察署にも届けてきた。
お気に入りのカーディガンも、アクセサリーも、親戚へのお土産も、今何処に?…と、駅長さんにつぶやいてきました。
(はい、書類を書きながら愚痴ってきました)。


18年前に粗大ゴミの中から拾ってきた押入だんす(茶)。苦楽を共にしてくれてありがとう。
白い引出しが気にいって、生協で購入しました。
長男が一目見て「お母さん、取っ手がついてるの嫌いじゃなかったの?」
ハイ、その通り。それで長年買い換えられませんでした。
これは最大の妥協の取っ手です。
ものぐさなのでどこを触ってもあく扉、引出しが好きなんですが。
また、直線的で素っ気ないけど何にでも合うので

鍋でごはんを炊きながら~の
グリルでししゃもと茄子を焼きながら~の
鍋でブリと大根をにつけながら~の
ブリに火が通ったらコンロからおろして一度冷やして味をしみこませ~の、味噌汁(ワカメ、豆腐、ネギ)を作りながら~の
20分で、出来上がり。
このごろ、今日はAMかPMは家にいるカモという日には、大根1本をザクザク切って昆布を入れ圧力鍋で20分煮て、新聞紙とタオルで巻いておくと…生で食べる以外の「何でも大根」ができる。
おでん、がめ煮、豚汁、けんちん汁、ふろふき大根など。ブリ大根もこうして美味しいのが20分でできあがるのだ。
ものぐさな人にぴったり料理、お試しあれ

Powered by FC2 Blog