プロフィール

ちゃびん

Author:ちゃびん
2008年10月にアスペルガーと診断され、納得の人生が始まった・・・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


若白髪の従姉に会った時「お兄さん(彼女の夫)最近白髪になって、やっとお母さんに間違えられなくなったでしょ」と訊くと「あなたネ、私の結婚式の日に『お姉さん、あんなおじいさんと結婚して可哀想』って言ったの覚えとう?!」いいえ。ごめんなさい、私子どもで老けたお兄さんがおじいさんに見えたのね。
「いや、あんたは、高校生やったとって」
でも、久しぶりに会ったお姉さんは私においしいフレンチをごちそうしてくれました
スポンサーサイト
記憶力はあるほうだったが、さっき、オウム真理教のテレビを見ていて長男が「俺がヒゲ伸ばして帰ってきたとき、お母さん『麻原彰晃みたい』って言ったの覚えてる?」
いいえ

自分でつける荷札


スカイマークに乗ったら、荷札を自分でつけるように、と自動チェックイン機の中から出てきた。
説明の看板の前で見比べながらつけたつもりだが、預ける段になって「付け方がちがいますので付け直させていただきます」とはがされたので「正しい付け方を教えてください」と頼んだら目の前でゆっくり付けてくれたのだが、もう一度同じようにできるかどうかは、自信がない。
見た目では難しくないのだけど、真似が下手(どこを見たらいいかわからない)、手順を覚えるのが苦手、不器用、の揃い踏み、どうしましょう。
帰りの飛行機で再チャレンジです(間を置かない方がいいのだけど、4日あくからなぁ、ますます自信がないです)

タンタン似


東京テレポート駅のエレベーターの乗りくちで

ロブスタ


ドイツのオールドローズ

アメリカのオールドローズ

ムーンライト


イギリスのオールドローズ


オランダのオールドローズ

デインティ・ベス


新宿御苑の薔薇園にて。イギリスのオールドローズ

太陽の日傘


新宿御苑で寝っころがっていたら、太陽に虹がかかっていた。
内側が赤く外側が紫で、虹のアーチとは逆だった。
何故?

日野違い

ある方を日野在住だと思って「日野市で明日(5/12)、発達障害のイイトコサガシ・ワークショップやるんですがいかがですか?」と勧めた。
すると彼は当惑して「名前は日野ですが豊島区在住です」と。
「申し訳ありません。アスペルガーで思い込みが強くて勘違いです(*^-^)b。
豊島区なら5/17椎名町でワークショップやっていますので是非来てください。」と強引にねじ込んだ。
どうよ!
日野さんは、前豊島区議で区長選で次点だった方

地下鉄で

日比谷線に乗った。
ほどほどの混み具合でバラバラと人が立っているが何故か私の左右だけ空いていたので、私は自分をくんくん嗅いでしまったよ。
自分を疑う。
自分は孤立している。
過去の傷がグルグル廻るうち、降りる駅が来て、救われた

できるだけ同じように撮影してみたのしゃしんをまちがえた。4/28の差し替え分
ア ス ペ ル ガ ー の 自 分 取 扱 説 明 書

~会話によるコミュニケーション能力向上ワークショップ 開催のお知らせ~


わたしたちは「発達障害」の悩みを持つ者たちによる市民グループです。

発達障害の成人当事者や、発達障害の子供を持つお父さんお母さんなど、多くの人が参加し、悩みを分かち合える場を作りたい、という願いで活動しています。

このワークショップは

「心地のよいコミュニケーションを試せる居場所づくり」

を目指すものです。

会話が苦手な方も、安心して「会話の楽しさ」を体験できます。

発達障害当事者や保護者の方はもちろん、教育関係者や支援者の方など、幅広いご参加をお待ちしております。

日時 ● 2012 年 5 月 20 日(日) 13:30 ~ 17:30(受付 13:00~)
終了後、交流会あり(自由参加)

場所 ● 浦安市民プラザ Wave101 - サロン 6
JR 京葉線新浦安駅前「ダイエーショッパーズプラザ」並び
(連絡通路で、ショッパーズプラザ 4F からも入る事ができます)


定員 ● 24 名 (申込順)

資料代● 500 円(お釣りのないようお願いします)

主催 浦安市 市民活動団体「アスペルガーの自分取扱説明書」
問合わせ先: as.jibun@gmail.com
申込先:http://kokucheese.com/event/index/35592/

共催 東京都成人発達障害当事者会「イイトコサガシ」
http://iitoko-sagashi.blogspot.com/

後援 浦安市 (このワークショップは、浦安市市民活動補助金制度を受けて行っています)


会話によるコミュニケーション能力向上ワークショップ
http://iitoko-sagashi.blogspot.com/2010/11/blog-post_23.html
(パワポ&漫画による説明は↑をクリック)

漫画による詳細はこちら(画:かなしろにゃんこ。さん)
http://iitoko-sagashi.blogspot.com/2011/10/blog-post_31.html
(熟読が必須となります)


残念なクッキー


粉になっていたので舐め舐め食べている。
写真に撮ったら、トウモロコシ似

椅子のカビとり




夫がカビを発見。
18年ほったらかしの椅子を拭く
記念館で水木しげる氏による伝記漫画を購入。
スーツケースに入れて荷物を送ったので手元に写真がない。
水木しげるさんも南方熊楠さんも発達ワールドの人かも。同じ匂いがする。
南方熊楠さんは、幼少から神童といわれ書籍を読みふけり、知人宅にあった和漢本(?)を「読んでいいよ」と言われ読んでは家に帰ってから思い出して書き起こしを繰り返し5年かかって105刊を写本したという10-15歳。
絵も実に写実的である。
東大予科に進むも、毎日上野図書館に写本に出かけ、数学の成績が振るわず、東大進学をあきらめるあたりは学習障害があったのかも。
アメリカ人粘菌学者が6000もの標本を集めたと知ると、自分はそれ以上の標本を集めようと決心し、生涯7000を越す標本を集めた。
自宅柿の木より採取した粘菌は新種とされ、彼の名前がついている。
また、アメリカ渡航した19歳。キューバを始め中南米、南米にも足を伸ばすうち独学で19ヶ国を話すに至る。
アメリカからイギリスに渡り、大英博物館で写本しているときに、博物館所蔵の日本の本について尋ねられたのをきっかけに、その博識に驚かれ嘱託となり、蔵書整理や翻訳の仕事にありつく。
科学雑誌ネイチャーに投稿し一躍世界の南方となるも、東洋人を蔑視した職員を殴打した事件により、職を辞して帰国。
熊野、白浜をフィールドに在野の学者として生涯を閉じる。
享年75歳。
1941年に亡くなった彼の体は解剖され、脳はホルマリン漬けで阪大に保存されているという写真を見た。彼の博覧強記的な脳の秘密が解き明かされる日は来るのだろうか。
雑学をグーンと掘り下げた博物学、前から気になる人だったので行けてよかった。
次回は紀伊田辺にある熊楠さんの住んでいた家と顕彰館に足を延ばしたい。

青信号


南方熊楠記念館の近くで見た、青信号。
行きは点灯していたのだが、かえりに撮ろうとしたら5時過ぎていて消えていた。残念。
でも、記念に1枚


昔、植物園や動物園があったそうです。
写真上は、蓑虫のように上から糸を垂らしてきた虫。まるで枝のよう。
写真下は、夾竹桃と石楠花にもにた白い花。博物学者の記念館に相応しい、珍しい植物群。沖縄の植物と思っていた月桃も植わっていた

旅の友、カバンに入れたお菓子がことごとく潰れたり、割れたり腐ったり。
今回はドーナツに続いて悲しい結末。
先日は画鋲の刺さったマロングラッセが出てきた(私は自治会の掲示板に貼り物をしにいくので、カバン、手提げ、ポケットから画鋲が出てくる)。
小さなおやつをカバンに忍ばせておかないと、突然ゼンマイの切れたオモチャのように、エネルギー切れがやってくるから、自衛策

昭和のにおい


特急くろしお号の車内にて、トイレの上にランプがあるが、何のランプかは書いてなくて不親切。
「便所」の表現に昭和を感じる。
「それは明治の言葉」と息子たちからよく指摘を受ける私だが、さすがに「トイレ」と言っている

山の上の風力発電


きのくに線車内より山の上の風車が林立しているのを見た。
建設には平地、海沿いより苦難があったことだろう。

さんま寿司



写真上は白浜駅の土産物屋で購入したもの。
さんまとごはんの間の紫蘇がおいしかった。
下の写真は那智の道の駅で購入したもの。尻尾がついていた。
お頭つきもあるらしい。バッテラに一番似ている

清酒、南方熊楠


ラベルの写真は64歳のとき、同じく粘菌学者であった昭和天皇に説明、案内をした時の正装姿(いつもは浴衣姿であったという)。
西郷隆盛似である

白浜町がキャンプ地だったそうで弟子たちがお金を集めて建てている。
ボクシング、トレーナー。
井岡が世界タイトルを取った時、生中継で見たのを思い出した。
注)生中継=ライブのこと

後輪がキャタピラーになっていて、道から砂浜に降りてくる

暗い海


東京湾の海は変に明るいが、白浜の海は真っ暗だった。
昼間は四国や淡路島の島影がみえたのだけど

南方熊楠


ガレッジセール、ゴリさんにそっくり

階段の手前の看板

信号の色


信号の色を赤青黄色と教えられ、長年違和感に悩んできた。
熊野川氾濫による昨年9月の工事信号は本当に青かった!

Powered by FC2 Blog